MENU

2016/09/15 11:36:15 |
カードローンやキャッシングの利用件数が増えてしまい、毎月の返済が手間で負担になってきたと感じる場合には、借り入れの一本化を行うと良いでしょう。銀行カードローンなどの限度額が大きくて金利が低い借り入れを利用し、それぞれで細かく借りているものを一本化するのです。借り入れの一本化はおまとめローンと呼ばれ、借り入れ先が一つになるために返済が進めやすくなります。金利負担も1社から大きな金額を借りることで軽くなるため、毎月の返済はもちろんですが最終的な支払い総額まで大幅に減らせる可能性があります。ただ、おまとめローンで注意をしておきたいのが返済の期間です。毎月の返済を軽くするのであれば返済期間を最大限延ば...
2016/09/15 11:36:15 |
メガバンクのカードローンは信頼性、商品スペックともに優れており、多くの方が利用したいと考えています。借りられるなら消費者金融よりもメガバンクの方が良いのは言うまでも無く、その分だけ多くの方の申し込みがあり、審査も言ってみればふるいにかけられているようなものとなります。多くの申し込みがあれば貸し付ける側としての顧客がより取り見取りで、少し危ない、リスクがあるといった申し込み者に対しては無理に貸し付けを行う必要がなくなります。これが中堅どころの消費者金融のように申し込み者が少ないところであれば、少しのリスクでもとらないと顧客が増えないために審査基準が低くなるのです。メガバンクは銀行自体のブランドも...
2016/09/15 11:36:15 |
最近のカードローンキャッシングは申し込み当日の最短即日融資は当たり前になってきており、すぐに借りたい方にも役立つ頼れる借り入れが行えるようになっています。今日中に現金が必要でもスピーディな借り入れが可能となるため、周りに迷惑をかけずに内緒で現金が調達できます。即日融資での利用条件は各カードローンサービスによって異なりますが、当日中に借りられる金額に関しては大体のところで同じ水準までとなっています。例えば消費者金融であれば最短即日の振り込み融資は50万円までなどとなっており、それ以上の金額を申し込み当日に振り込みで借りることはできません。契約機でカードを受け取り、ATMでの借り入れとしてカードロ...
2016/09/15 11:36:15 |
カードローンは利用金額、希望金額が大きくなるほどに審査基準が厳しくなるため、少額の利用であれば比較的借りやすくなっています。単純な話ですが100万円を希望する際の申し込みと、10万円を希望する際の申し込みでは審査基準に大きな違いがあり、10万円を希望する場合の方が審査通過の期待度は高くなります。少額を借りるのであれば返済も進めやすいために貸す側としてのリスクも小さく、そこまで収入が多くない方であっても少額であれば借りられる可能性があります。ただ、それでも貸金業者で借りるなら年収の3分の1までの総量規制があるため、現状で年収の3分の1近くまで借りているといった方は、たとえ少額であるとしても審査通...
2016/09/15 11:36:15 |
専業主婦は現在の貸金業法において消費者金融での借り入れは難しく、対応をしているところであっても配偶者貸付の制度を利用することとなるため、配偶者の確認や同意が必要となっています。消費者金融側から配偶者への確認が入るために内緒で借りることはできず、あくまで配偶者が借りるのを専業主婦側が申し込みを行うといった手続きとなると分かりやすいです。つまり、現在の貸金業法では専業主婦自身での借り入れは現実的ではなく、お金を借りたいとなっても消費者金融でのカードローンキャッシングの利用は不可となります。そもそも大手では配偶者貸付での利用を認めていないため、TVCMで見かけるような大手消費者金融では自身で安定した...